browser icon
You are using an insecure version of your web browser. Please update your browser!
Using an outdated browser makes your computer unsafe. For a safer, faster, more enjoyable user experience, please update your browser today or try a newer browser.

癌について

膵臓がん、胃がん、大腸がん、肺がん……、癌は恐ろしい病気ですよね。治療法は日々進歩していますが、それでも死ぬ可能性の高い病気ですし、気をつけて回避できるというものでもないので、我々はとにかく病気にかからないように祈るばかりです。

癌の治療には、外科療法、放射能療法、化学療法の三つが三大療法となっていますが、近年注目を浴びてきたのが免疫細胞療法です。
免疫細胞療法とは、がん細胞をやっつけようとする免疫細胞の働きを促進し、自然治癒力を活用して癌を治そうという療法です。
免疫細胞療法のすごいところは、膵臓がんだろうが大腸がんだろうが、ほぼすべてのがん治療に有効だということです。従来の方法に比べてリスクも小さく、移植を受けたことがあったりHIV抗体陽性だったりでなければ誰でもこの治療を受けることができます。免疫細胞療法はこれからの医療にも期待の持てるものです。

このサイトでは癌のうち、膵臓がんと大腸がんを特に見ていこうと思います。
膵臓がんは、他の癌と比べると罹患数はそれほど多くありませんが、死亡数とほぼイコールの数字で、膵臓がん患者の生存率はかなり低いことが言えます。膵臓がんは初期だとほとんど症状がなく、早期発見の難しさが原因となっています。
反対に、大腸がんは五大がんに数えられるほど罹患数の多い癌ですが、死亡者数はその約半分となっているので、早期発見ができれば治療は十分に可能です。

話題のサイト

免疫細胞療法を検討の方はこちらの医院を利用しよう|池袋がんクリニック
すい臓癌の治療を相談できる病院@鈴木医院